news

お知らせ

お仏壇の金箔押し

こんにちは^^
朝は曇っていたのですが、すっかり晴れていいお天気になってきました^^
さて、今回はご仏壇の金箔を押している作業工程の写真をお見せしたいと思います^^v
職人の齋藤さんが金箔を押した後、山下さんが余分な金箔を刷毛で丁寧に落としています。
箔押し箔押し直後の横板箔を整えた後の横板
上の写真は、横板です。
もともと、ご仏壇はばらせるように組んで作ってあり、何度でもばらしてお洗濯をして組みなおし、長い間大切に守っていかれるように作ってあります。
当社では、昔の職人さんが作ったそのままをばらし、また再生してお客様にお返しする、という昔ながらの工程をとっております。
扉の箔押し後、余分な金箔を刷毛で落とし整える刷毛で丁寧に落としているところ
次は扉です。
扉も一枚一枚ばらして箔を押していきます。
金箔は薄く、破れやすいので丁寧に取り扱わないとすぐにぐちゃぐちゃになったりします。
下地の調整によっては、ガタガタに見えたり、艶がなくなったりもします。
職人さんの一番の腕の見せ所!といったところですね^^

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

株式会社いこい住宅
岡山 入居困難者路上生活者支援 あかり